iPhone関連情報 iPhone修理のアイプラス

iphone修理のアイプラス 渋谷店

アイプラス電話番号

googleマップ

店舗へのアクセス

アイプラス電話番号

アイプラスメニュー

iPhoneお役立ち情報

一覧

iPhoneが充電できない⁉そんな時の原因と対処法

2019/11/15

「最近たまにiPhoneに充電器を指しても

 反応しない時がある、、」

 

そんな症状の方、

結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

それを放っておくとある日

iPhoneが急に使えなくなってしまう

可能性があります。

 

充電ができないのであれば

バッテリー残量が0になってしまうので

当たり前のことですね。

 

原因を検索したり、修理店を探したり、

誰かに連絡を取ろうと思っても

iPhoneがついていないのであれば

どれもできないですよね。

 

今回は、iPhoneが充電できない場合の原因と

対処法を簡単にまとめたいと思います。

 

iPhoneが充電できない原因は大きく分けると

下記4つが考えられます。

 

①iPhone本体の故障

②ソフトウェアの故障

③充電ケーブルの故障

④接続パーツの故障

 

これだけではわかりにくいと思うので

当店にも修理にお持ち込みいただいた

実際のお客様を例に挙げてご紹介します。

 

▼充電ケーブルが故障していた

iPhoneの使用頻度が高い人だと

一日に何度も充電ケーブルを指したり抜いたりしますよね。

 

その際に、iPhoneケーブル先端のPINが物理的に摩擦が生じたり

コネクタ部分に負担がかかって断線してしまう場合があります。

 

この場合は、他に充電ケーブルに変えることで改善できるので

まずは試してみましょう!

 

また最近はAmazonや楽天など簡単にネットで

充電ケーブルを購入できるようになりました。

 

ネットで購入する場合は、

必ず公式ライセンス商品(MFi認証済)のものを

選ぶようにしましょう。

 

▼電源アダプタが故障していた

これはコンセントに直接差し込む部分のことです。

コンセントプラグの故障はケースとしては少ないですが、

Mfi認証を受けていない充電ケーブル同様に不良品だった…

という可能性も0ではないので試してみましょう。

 

▼iPhoneの充電部分(ドックコネクタ)が故障していた

iPhone本体の充電ケーブルを差し込む部分(充電コネクタの差し込み口)。

日々の抜き差しでの破損やホコリ溜まり、

水濡れなどで故障する可能性があります。

 

充電ケーブルや電源アダプタを交換しても

充電できない場合はこのドックコネクタ故障の可能性が高いので

すぐに修理店に持ち込むようにしましょう。

 

▼バッテリーが劣化してしまっていた

バッテリーの劣化によっても充電ができない場合があります。

 

一般的にバッテリーの交換目安は

1年半~2年ほどと言われています。

(充電回数にすると約400~500回)

 

バッテリーの劣化が原因なのか

ドックコネクタの故障が原因なのかは

実際に修理を行い判断いたします。

 

▼iPhone本体の電子基盤が損傷している

この場合、電子基板自体を修理するか

本体交換をするかの選択となります。

 

電子基板修理を専門にしている修理店もありますが、

自分がこのiPhoneをあとどのくらい使い続けたいのか

なども考慮し修理料金を比較してどちらを

選ぶのか決めましょう。

 

少しでもiPhoneがおかしいなと感じたら

お気軽にご相談くださいね♪

 

それではご連絡お待ちしております!!

 

◆併せてオススメな記事①

今ならiPhone無料バッテリー診断も実施中!

◆併せてオススメな記事②

iPhone修理アイプラス渋谷の3大メリットのご紹介

◆併せてオススメな記事③

渋谷iPhone修理★この看板が目印です★

 

61965015_468728923873547_7210776118868049920_n

 

iPhone修理・ガラスコーティング

アイプラス渋谷店

iphone修理の流れ はじめて修理される方へ
iphone安心無料保証
iphone修理価格一覧表
キャンペーン情報
アイフォン修理全部割
バッテリー診断
アイフォン修理永久保証割引
ペア割

アイフォン修理よくある質問

アイプラス スタッフ募集

アイプラス加盟店募集

PAGE TOP